ブログトップ | ログイン

Routes*Roots 

r2rkyoto.exblog.jp

<   2011年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧

六原ハウスと鍾馗(しょうき)さん

京都東山区の旧六原小学校の西側には、袋小路のような路地がはりめぐらされています。その先に
e0248492_23461567.jpg


小さな広場。この広場に面する空き家であった町家の一つに京都造形芸大生が住まい「六原ハウス」として学生と東山区を活性化する交流プロジェクトの拠点となりました。

その第一弾が「鍾馗(しょうき)さん」作りです。
鍾馗さんは京都の町家の玄関上の屋根によく見る像で、鬼瓦のように魔よけの役割があるそうです。
e0248492_23472018.jpg


意外に源は中国。科挙(官僚抜擢の試験)に不合格となり落胆して自害した鍾馗さんは、当時の玄宗皇帝に手厚く葬られた恩を忘れず、皇帝が病と悪夢に冒された際、悪夢の中に登場して敵から皇帝をお守りし、皇帝は病から回復されたというエピソードから、魔よけの鍾馗さんとして広まったようです。いつごろからなのか..どうして..などまだ謎な部分は多いようです。

たくさんの参加者。もくもくと作成しております。
e0248492_2348098.jpg


さて6歳の娘の作品。
うーん、ジンジャーブレッドマン x 鍾馗さんみたいな御姿で、なんとなくご利益ありそうです。黄色の釉薬は赤い色に焼きあがるようです。楽しみ。
e0248492_23482770.jpg


これからも活動が楽しみな「六原ハウス」でした。
京都新聞の取材記事はこちら
by yasuikumano | 2011-10-25 23:53 | 京都のコト | Comments(0)

豊国神社の市

太閤秀吉をおまつりする京都の豊国神社は、18日の命日にちなんで、境内に骨董市がたちます。
18日だけでなく、8日、28日も市たつそう。

日本三大唐門の一つといわれる、伏見から移築した立派な唐門。
魔よけの瓢箪型の絵馬がユニークです。
e0248492_13111262.jpg


e0248492_1312168.jpg


弘法さんなんかと比べると、規模はこじんまりしているけど、地元の人やなじみのお店が好きで集めたコレクションや古物をはんなりお店にしている感じがいいです。

特に木の下に張ったテントはいい感じ。
青空市はわくわくしますね。

e0248492_1314499.jpg

by yasuikumano | 2011-10-18 13:14 | 京都のコト | Comments(0)

スタンダード、そしてめちゃおいしい=富久屋

Routes*Rootsは、八坂通りと松原通りの間にあります。
清水寺から、そのまま松原通りの坂を下っていくと
鴨川沿いの東側、川端通りに松原通りが交差するちょい手前に洋食屋「富久屋」さんはあります。

e0248492_23211237.jpg


宮川町の芸妓さん舞妓さんも来られるようで、壁には名前が書かれたうちわがたくさん。
メニューには着付けをしても食べやすい一口サイズのサンドイッチ、なんていうのもありました。

e0248492_232219.jpg


店内はいたってオーソドックスなメニュー、そしておさいふにやさしい価格、例:海老フライランチ定食780円。

e0248492_23225880.jpg


写真からすでに匂ってるかもしれませんが、!!!おいしいんです。
とても丁寧に、基本を大切に料理されている温度感が伝わってきます。

気をてらっているわりに、さほどおいしくないものは世の中にたくさんあるけど、ふつうのメニューで「おいしい!」って新鮮です。

きっと長い長い間、「おいしい!」を共感してきている人たちの間で、お店はなくてはならない、だいじなものになっている、そんな信頼関係がおいしい味の素のような気がします。
by yasuikumano | 2011-10-17 23:25 | 京都のコト | Comments(0)

陰影の世界

e0248492_16554571.jpg


昨日まで京都も秋晴れのよいお天気でした。
Routes*Rootsの開店準備は少しづつですが、すすんでいます。
この日は、打ち合わせに初めての御来客があったので、玄関まわりを
お掃除して、パチリ。
町家は内側と外側の陰影のコントラストがあって落ち着きます。

陰翳礼讃(いんえいらいさん)を書いた文豪谷崎潤一郎の定宿であった宿も東山区のご近所なので、一度足を運んでみたいと思っています。
by yasuikumano | 2011-10-14 16:58 | お知らせ | Comments(0)

眺めのいい窓 メリーゴーランド

e0248492_005611.jpg

その窓は四条河原町を少し南に下がったレトロな建物、1927年建築の白い石造りの『寿ビルディング』の5階にある本屋さん『メリーゴーランド』です。秋の日の一日の昼と夜がちょうど交代するような時間の窓の景色に、つい見とれてしまいました。

店内は子供の本が中心ですが、大人がいっしょにみてもわくわくする本がたくさん、片隅のイスにいつまでもすわって眺めていたい心地良さでした。

いい場所から切り取られる、外の景色は美しい。
人も建物も心も澄んでいると、まわりの見え方が違ってくるのかも、と思う場所でした。
by YASUIKUMANO | 2011-10-04 08:52 | 京都のコト | Comments(0)

梅村マティルナさんと東北

先日知恩寺の手作り市で、梅村マティルナさんにお会いしました。
大橋歩さんのアルネarne29号にも紹介されていた、素敵なマルチカラーの編み物を作られる作家さんです。
市の最中も手を動かしながら次から次へと編み物をしていらっしゃいます。
毛糸はドイツ製の「Opal」。仕上がりのイメージがすでに染色デザインになっていて、ひとつひとつのカラーにネーミングがあります。私は足指部分が空いた靴下を購入。糸の名前は「ダンブルドア」ハリーポッターのホグワーツ校長先生のイメージだそうです。

履いた感じは、指が自由だと靴下ってゆるっとして気持ちいい、です。
言われたとおりに洗濯機に放り込みましたが、毛糸ですが全然問題ありません。
初秋にサンダルとあわせると、いいかんじです。

e0248492_23245792.jpg


写真いいですか?ブログに書きたいので、というと、マティルナさんは「タコ人形」を手にとって、東北の被災地の方々が「復興のシンボル」として手作りしていること、ひとりでも多くの人に気に入って買ってもらえたら、と熱く語りはじめました。

詳しくは京都新聞の記事でどうぞ。

マティルナさんとタコさん、そして素敵な靴下などの作品は手作り市でお会いできますよ。
e0248492_23235873.jpg

by yasuikumano | 2011-10-02 23:11 | 京都のコト | Comments(0)

ごあいさつ

ごあいさつ

はじめまして 安井くまのです。
京都市東山区の小さな京町家に引っ越してきて
はや一カ月がたちました。この場所にSHOPをOPENする準備をすすめています。
京都に住んでみると毎日のように新たな発見があります。
このブログでそんな発見やSHOPのこと、商品のことお伝えしていきたいと思います。
よろしくお願いします。
by yasuikumano | 2011-10-01 23:31 | お知らせ | Comments(0)