ブログトップ | ログイン

Routes*Roots 

r2rkyoto.exblog.jp

<   2012年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧

夢は夜ひらく 京都千玉堂さらすく社

少し前にさかのぼりますが十日ゑびす大祭の際、大和大路の夜店の露天のにぎわいは、まるで真冬の夜の寒さを忘れさせてくれるようでした。そんな中大和大路通りのお店も、夜間延長して楽しい華やいだ雰囲気でした。

御近所のゑびす神社のほど近く、摩利支尊天の向かい側に「京都千玉堂さらすく社」というショップがあります。人形師で若い男性オーナーさんが、所せましとレトロなつかしかわいい品々を並べています。「さらすく」は、30年代頃を境に姿を消した昭和ネムリ人形(桜ビスク)の歴史的研究・調査を設立目的として結社されたそうです。
e0248492_2352113.jpg

e0248492_054087.jpg

昼間も雰囲気がありますが、夜店となるとより幻想的な雰囲気です。娘も「白雪姫」のレトロ本に心うばわれ、お年玉で購入していました。
e0248492_2350125.jpg

昔の郵便屋さんの赤チャリや、30年代のマントコートもあり、まるで江戸川乱歩?みたいな雰囲気です。

お店は不定休とのことなので、サラスクさんへ行かれる際はHPかツイッターでご確認くださいませ。
さらすくヴィンテージ・スーベニール店
郵便番号 : 605-0811 京都府京都市東山区八坂通
   大和大路東入ル摩利支尊天堂南側157
http://sarasque.com/14company.html#shop
by yasuikumano | 2012-01-27 23:53 | 京都のコト | Comments(0)

高橋みどりのもの選び 2012

別冊アルネ おとなのおしゃれに登場されている森脇ひろみさんはP4(企画・識の会)にて素敵な展覧会などを企画されています。2 / 3金 4土 5日に、神戸元町のSHIRASAという会場で、「高橋みどりのもの選び 2012」を開かれるそうで、私もお知らせをいただきました。編む、縫う、紡ぐという副題なので、素敵な生地や作品にお会いできそうで、楽しみです。
e0248492_12494415.jpg

by yasuikumano | 2012-01-25 12:50 | お知らせ | Comments(0)

2月の営業日とお休み

2月のお休みです。
3、4、5、6、11、12、13、17、18、19、20、26、27です。

どうぞよろしくお願いいたします。
by yasuikumano | 2012-01-25 11:32 | お知らせ | Comments(0)

春節があけて リネンボーダーバック

昨日1月23日は旧正月(春節)でした。ムーンカレンダーでのお正月がく
るとなぜか風や日差しが春めいてくるような気がします。雪やくもりの
はっきりしないお天気ですが、こんな日は少し暗めの洋服のトーンをやわ
らげて、赤やビビッドな色に元気をもらって表に出かけたいと思います。
こちらのリネンバックはまあるい底で、お買い物に便利です。
e0248492_1451351.jpg


IO Goods リネンバケツバック ボーダー赤
定価¥3,465(税込)
素材 : 麻100%
サイズ : 高さー390mm
巾ー318mm
底直径ー195mm
ハンドルー35×360mm

御来店お待ちしております。
by yasuikumano | 2012-01-24 14:52 | Comments(0)

そうだ、お茶を淹れよう

京都のお水はやわらかい軟水、宇治のお茶がよくあいます。
e0248492_13543346.jpg

「お茶を淹れる」という言葉は、「入れる」という意味ではなく、火から降ろし冷ましたお湯で、急須に入れた茶葉を浸してお茶を作ることをいうそうです。

東屋さんの丸急須を我が家でも愛用しています。グレーのような朱泥(無釉)が木や塗りの色にシックに調和して、ちょうどいいコンパクトさと、さらさらとした手触りが、お茶を淹れるひと時を丁寧にしよう、という気持ちにさせてくれます。
e0248492_13501415.jpg

お茶の旨味が凝縮された最後の一滴を逃さないため、急須の内側には小さい穴が沢山開いていて、茶葉の目詰まりを押さえて、お茶を最後まで出し切る工夫がされています(茶漉しが必要ありません)。
蓋は蓋すりという技術でピッタリ収まるよう調整されていて、
指で軽く押さえていれば、お茶がもれてくることもありません。
e0248492_13504735.jpg


愛知県常滑の土は空気をふくみやすく、ふんわり淹れてくれる気がします。
普段使いで、気軽に、お使いいただけるおすすめの急須です。

丸急須 黒¥4,600 (税込)

今回お湯のみに使用しているのは、実は染付の蕎麦猪口です。
染付蕎麦猪口 瓔珞 ¥1400 (税込)(写真左)
染付蕎麦猪口 鳥と木¥1400(税込)(写真右)

御来店、お問い合わせをお待ちしております。
by yasuikumano | 2012-01-18 13:57 | 日用品 | Comments(0)

レースのラリエット by Ringo 続き

本日もレースのラリエットご紹介させていただきます。パリのアンティーク、うすいガーゼのような布に、かわいい小花の手刺繍がところどころにほどこされています。そのレースをRingoさんが丁寧にレース編みでラリエットに仕上げています。Ringoさんは「心をこめてつくってます、でもその気持ちがほんとうにお客さんに伝わるとは思ってなかった!」とおっしゃていましたが、お店におかせていただいていても、Ringoさんの気持ちが伝わってくるようなお品です。Ringoさんは皮膚がデリケートな時期があり、できるだけ肌に負担の少ないアクセサリーを、と思って自然素材のラリエットを作りはじめられたそうです。御来店をお待ちしております。

e0248492_165572.jpg
e0248492_1652237.jpg
e0248492_1653621.jpg

by yasuikumano | 2012-01-13 16:06 | 日用品 | Comments(0)

十日ゑびす

七草がゆもいただいて、お正月もそろそろという感じですが、ショップより少し西側、京都大和大路通りは十日ゑびすで大賑わいでした。なつかしい射的やボードゲームがあって、神社のお祭りとあわせて参道も活気にあふれています。
e0248492_0113748.jpg

写真は9日の朝、祇園花見小路にて、出発準備中の東映の女優さんです。松竹梅と紅白に飾ったかごに乗りこみ、ゑびすばやしの「商売繁昌、笹もってこい」のかけ声勇ましく、太秦から神社へ参拝し、それより順次各デパート、商店、銀行、等へ吉兆笹を配り、京の初春をお祝いするそうです。

本日もラリエットをはじめお問い合わせを多くいただきありがとうございます。
先にblogにアップしたお品は完売してしまいましたので、また希少なアンティークレースのラリエットをアップさせていただきました。
e0248492_0123675.jpg

e0248492_013286.jpg

e0248492_0132293.jpg


とても美しく細かい手仕事のアンティークレースをRingoさんが丁寧に縁取り、ラリエットに仕上げています。アンティークのパールがひとつついています。とても存在感があります。ラリエットは留め具等なく、ひもをたらしたり結んだり、交差させたり使い方の自由度が高いのも魅力のひとつです。
レースはフランスのアンティークですので、よくみるとうす茶色のようなしみが数か所ございますので、店頭でご確認いただければと思います。御来店をお待ちしております。
by yasuikumano | 2012-01-12 00:16 | 日用品 | Comments(0)

謹んで初春のお喜びを申し上げます

謹んで初春のお喜びを申し上げます。
e0248492_2373485.jpg

初詣は、SHOP近くの「六波羅蜜寺」へお参りいたしました。
お正月三が日の間だけ、このお寺に参拝した人がいただけるお守り
「弁財天吉祥初稲穂」(写真)をいただきました。
お守りは邪気を払い、無病息災を祈願するものです。
大河ドラマ「平清盛」にもちなんで、今年は例年以上の参拝客が訪れそうです。

Routes*Rootsでは新年より「うつわ」のお取り扱いを始めます。
少量ですが心地よいもの、力のわいてくるもの、そんなアイテムをご紹介して
行きたいと思っております。
e0248492_2393921.jpg

e0248492_23124041.jpg


写真の上泉秀人さんのマグカップは青丸と白丸をセレクト。上泉さんの作品は
青で描かれた線、塗りつぶされた色のかもす雰囲気に魅力を感じます。

白磁。磁土といっしょに、上泉秀人氏の制作拠点「青梅」の土を混ぜて拵えてあります。鉄分の具合によって少しだけ「青み」を含ませながら、温かみのある独特な「白」を表現しているそうです。手仕事ですので、サイズ・絵付け・色味に個体差があります。
 丸紋 線 径 約82mm × 高さ 約88mm  6,090円
 丸紋 塗 径 約82mm × 高さ 約88mm  6,090円
おひさまやおつきさまのように、日々のくらしをてらしてほしいと思います。
by yasuikumano | 2012-01-06 23:14 | 日用品 | Comments(0)