ブログトップ | ログイン

Routes*Roots 

r2rkyoto.exblog.jp

<   2019年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

森くみ子 藍をめぐる トークイベント 第2話

藍をめぐる- 森くみ子 x MITTAN 展に在廊中の
森くみ子さん
今週末 藍をめぐるトーク 
第2話 藍と木綿を開催します!

皆様のお越しをお待ちしております。

//////////////////////////////////
森くみ子
藍をめぐる トークイベント 第2話
日時 2019年11月16日 (土)13:00-14:30
場所 bonon kyoto
京都市下京区平居町20-3
Tel 074-741-8816
参加費 無料
定員 25名(先着順 事前申し込み不要)
////////////////////////////////

名著「阿波藍のはなし」を執筆された森くみ子さんに
聞き手安井くまのが、貴重なお話を伺います。
当日は 一般の書店やアマゾンでは入手できない書籍も販売いたします。
ぜひぜひ、お見逃しのないようご予定くださいませ。
お待ちしております。

江戸時代の庶民の衣服は木綿であると、思われている方は多くおられますが
江戸初期には輸入品であった木綿は、有力者に限られ、一般庶民は
ほぼ無染色の麻の衣類をまとっていました。居住地域の近くでとれる、
地産地消ともいうべき苧麻、品、藤など。
その中でいかに木綿が人々の中に普及し、藍染の普及はどのように進んでいったの
か。素材との関係性において、藍の変遷をとりあげる興味深いテーマです。

ご参加の方には、発酵茶である阿波番茶(晩茶)をご試飲いただきながら
ゆったりとした時間をお過ごしいただけたらと思います。

今週末皆さまのお越しを心よりお待ち申し上げております。

by yasuikumano | 2019-11-14 00:21 | MITTAN

森くみ子 藍をめぐる トークイベント 第2話

藍をめぐる- 森くみ子 x MITTAN 展に在廊中の
森くみ子さん

今週末 藍をめぐるトーク 
第2話 藍と木綿を開催します!

皆様のお越しをお待ちしております。

//////////////////////////////////
森くみ子
藍をめぐる トークイベント 第2話
日時 2019年11月16日 (土)13:00-14:30
場所 bonon kyoto
京都市下京区平居町20-3
Tel 074-741-8816
参加費 無料
定員 25名(先着順 事前申し込み不要)
////////////////////////////////

名著「阿波藍のはなし」を執筆された森くみ子さんによる
とっても貴重な機会です。
当日は 一般の書店やアマゾンでは入手できない書籍も販売いたします。
ぜひぜひ、お見逃しのないようご予定くださいませ。
お待ちしております。

江戸時代の庶民の衣服は木綿であると、思われている方は多くおられますが
江戸初期には輸入品であった木綿は、有力者に限られ、一般庶民は
ほぼ無染色の麻の衣類をまとっていました。居住地域の近くでとれる、
地産地消ともいうべき苧麻、品、藤など。
その中でいかに木綿が人々の中に普及し、藍染の普及はどのように進んでいったの
か。素材との関係性において、藍の変遷をとりあげる興味深いテーマです。

ご参加の方には、発酵茶である阿波番茶(晩茶)をご試飲いただきながら
ゆったりとした時間をお過ごしいただけたらと思います。

今週末皆さまのお越しを心よりお待ち申し上げております。

by yasuikumano | 2019-11-14 00:21 | MITTAN

森くみ子 藍をめぐる トークイベント 第2話

藍をめぐる- 森くみ子 x MITTAN 展に在廊中の
森くみ子さん

今週末 藍をめぐるトーク 
第2話 藍と木綿を開催します!

皆様のお越しをお待ちしております。

//////////////////////////////////
森くみ子
藍をめぐる トークイベント 第2話
日時 2019年11月16日 (土)13:00-14:30
場所 bonon kyoto
京都市下京区平居町20-3
Tel 074-741-8816
参加費 無料
定員 25名(先着順 事前申し込み不要)
////////////////////////////////

名著「阿波藍のはなし」を執筆された森くみ子さんによる
とっても貴重な機会です。
当日は 一般の書店やアマゾンでは入手できない書籍も販売いたします。
ぜひぜひ、お見逃しのないようご予定くださいませ。
お待ちしております。

江戸時代の庶民の衣服は木綿であると、思われている方は多くおられますが
江戸初期には輸入品であった木綿は、有力者に限られ、一般庶民は
ほぼ無染色の麻の衣類をまとっていました。居住地域の近くでとれる、
地産地消ともいうべき苧麻、品、藤など。
その中でいかに木綿が人々の中に普及し、藍染の普及はどのように進んでいったの
か。素材との関係性において、藍の変遷をとりあげる興味深いテーマです。

ご参加の方には、発酵茶である阿波番茶(晩茶)をご試飲いただきながら
ゆったりとした時間をお過ごしいただけたらと思います。

今週末皆さまのお越しを心よりお待ち申し上げております。

by yasuikumano | 2019-11-14 00:21 | MITTAN

森くみ子 藍をめぐる トークイベント 第2話

藍をめぐる- 森くみ子 x MITTAN 展に在廊中の
森くみ子さん

今週末 藍をめぐるトーク 
第2話 藍と木綿を開催します!

皆様のお越しをお待ちしております。

//////////////////////////////////
森くみ子
藍をめぐる トークイベント 第2話
日時 2019年11月16日 (土)13:00-14:30
場所 bonon kyoto
京都市下京区平居町20-3
Tel 074-741-8816
参加費 無料
定員 25名(先着順 事前申し込み不要)
////////////////////////////////

名著「阿波藍のはなし」を執筆された森くみ子さんによる
とっても貴重な機会です。
当日は 一般の書店やアマゾンでは入手できない書籍も販売いたします。
ぜひぜひ、お見逃しのないようご予定くださいませ。
お待ちしております。

江戸時代の庶民の衣服は木綿であると、思われている方は多くおられますが
江戸初期には輸入品であった木綿は、有力者に限られ、一般庶民は
ほぼ無染色の麻の衣類をまとっていました。居住地域の近くでとれる、
地産地消ともいうべき苧麻、品、藤など。
その中でいかに木綿が人々の中に普及し、藍染の普及はどのように進んでいったの
か。素材との関係性において、藍の変遷をとりあげる興味深いテーマです。

ご参加の方には、発酵茶である阿波番茶(晩茶)をご試飲いただきながら
ゆったりとした時間をお過ごしいただけたらと思います。

今週末皆さまのお越しを心よりお待ち申し上げております。

by yasuikumano | 2019-11-14 00:21 | MITTAN